ダイキンAN56SRP(2015)お掃除機能付きエアコンクリーニング

作業内容

ご依頼内容:ダイキンフィルター自動お掃除機能付きエアコンクリーニング

an56srp全体像 an56srp形名

ダイキンの「AN56ARP」をお掃除させていただきました。「うるさら7」という、ダイキンのエアコンの中でも特殊な機能をもった、機種になります。

特に「うる」の部分、加湿もできるエアコンはこの「うるさら7」だけ! そのせいか、本体・室外機共に他のエアコンよりも大きめです。エアコンを設置できるスペースがあまり無い方は、購入するときに注意が必要ですね。

*AN22SRS、AN25SRS、AN28SRS、AN36SRS、AN40SRS、AN40SRP、AN63SRP、AN71SRP、AN80SRPも排気量違いの同じエアコンになります。

an56srp下のテレビを養生

今回のエアコン下の側に「テレビ」が置いてありました。水に大量い飛び散ることはありませんが、万が一に備えて養生いたします。
部屋の端に置いてあるケースが多いテレビ。その上にエアコンが取り付けられているケースも少なくありません。位置によっては、移動していただくケースもありますので、その際は設置状況の写真を送っていただくことをお願いしております。

an56srpリモコン

作業前にリモコンをお借りして、動作確認を行います。作業当日までにご用意をお願いいたします。

an56srpパーツを外し始める an56srpお掃除ユニットが外れる

パーツを外し始めます。スタッフは慣れておりますが、一般の方が外していくには難しいかと思います・・・
一番の難関「お掃除機能部分のユニット」をとると、洗浄対象の「アルミフィン」部分が出てきました。

an56srpアルミフィン引き an56srpアルミフィンアップ

熱交換を行う「アルミフィン」、エアコンの要の部分になります。なんとなく青いですね。
よく見ると、上にボソボソとホコリの塊が乗っています。実際、エアコンに吸い込まれた空気はフィルターに溜まり、そのホコリは機械が自動で取ってくれるハズですが、なぜ!?
これは「おそうじ機能付き(フィルター自動お掃除機能付き)」に見られる現象で、フィルター上のホコリをブラシでかき取るとき際に、集まったホコリがフィルター下のアルミフィンに落ちてしまったものと考えられます。この現象は「お掃除機能の付いていないエアコン」の場合には見られませんので、なかなか皮肉な現象です。

an56srp外したパーツ an56srpお風呂場を借りて洗浄

エアコンから外した全てのパーツです。
この中でも、配線等が付いていない物につきましては、お風呂場をお借りして丸洗いしていきます。お掃除ユニットなどの配線の付いておるパーツに付きましては、手で丁寧に拭いていきます。

an56srpダストボックスのホコリを吸い取る

こちらはダストボックスといって、フィルターお掃除機能が取ったホコリを溜めておく部分になります。今回のボックスにはホコリがいっぱいになっていました。ボックスがいっぱいになったため、ホコリを取りきれずにアルミフィンに落ちていたのかもしれません。 このダストボックスについては、実は自分自身で定期的にキレイにすることになっています。「自動フィルター掃除」という言葉に惹かれて購入した方にとっては、意外に感じるかもしれません。

an56srp洗浄前のフィルター an56srp洗浄後のフィルター

洗浄したパーツの一部、フィルターのbefore、after画像です。自動で掃除してくれるとは言え、やはり細かい目に入ったホコリまでは難しいようです。洗浄後はフィルターの下に置いた手が、透けて見えるようになりました。

エアコン本体につきましては、専用のカバーをかけて2種類の洗剤をかけて洗浄していきます。before,after画像です!

an56srp洗浄前のアルミフィン an56srp洗浄前のアルミフィン

ホコリの塊がボソボソとついて、細かい目にホコリが詰まっていたアルミフィンは、すっきりと金属の光沢が戻りました。これで、効率よく熱交換してくれます!

an56srp洗浄前の吹き出し口 an56srp洗浄前の吹き出し口

風が送られてくるシロッコファン部分です。ファン自体は本来黒い色をしているのですが、その一つ一つにホコリとカビがこびりついています。このファンが高速回転し、風が送られてくるのですが、このカビのついたファンからの風・・・嫌ですね。
この部分を見た事が、掃除の依頼をされる「きっかけ」になったという方はとても多いです。
ここも重点的に洗浄し、すっきりしました。

an56srp作業後の動作確認

パーツ、本体を洗浄しましたら今度は分解の時とは逆の手順で、組戻していきます。
全て戻しましたら、リモコンで再度動作確認をしていきます。おそうじ機能や、ルーバー等の動きが正しくされているか、また暖かい(夏場は冷たい)風が出てくるかどうか等を確認し、正しい動きが確認できましたら作業は終了となります。

an56srp作業後の汚水

本体を洗浄した際に洗剤や大量の水を使用しますが、大体がドレインパンと呼ばれるエアコン本体内部に溜まり、そこからドレインホースを伝って外に流れていきます。一部分はエアコン本体下に置いたバケツに溜まります。
これがそのバケツに溜まった汚水になります。予想はしていましたが、黒いですね...この色はカビになります。
クリーニングを行って良かったと思います。

作業は約3時間かかりました。やはり「うるさら7」は他の機種と比べると、時間が掛かります。

お掃除機能付きエアコンクリーニングの料金は17,000円+(税)になります。

当社での洗浄を経験されたお客様からもエアコンクリーニングの口コミ、評判をいただいております。

ダイキンのエアコンクリーニングの詳細・見積・ご予約はダイキンのフィルター自動お掃除機能付きエアコンクリーニングで詳しくご覧いただけます。

とても高性能なエアコン、キレイになりましたしこれからどんどん使ってあげてください。

ありがとうございました!

当店は...
24時間空き状況が確認可能です。
内容、オプションを自由に選択して自動見積5分で予約完了。

他のお掃除作業報告

エアコン・クリーニング

お掃除機能付きエアコン/シャープ

お掃除機能付きエアコン/パナソニック

お掃除機能付きエアコン/ダイキン

お掃除機能付きエアコン/富士通

お掃除機能付きエアコン/日立