ダイキンAN22NFBBS(2012)のお掃除機能付きエアコンクリーニング

作業内容

ご依頼内容:ダイキンフィルター自動お掃除機能付きエアコンクリーニング

AN22NFBBSの外観

ダイキンの2012年製のエアコンクリーニングを施行させていただきました。

AN22NFBBSの機種名

機種名は「AN22NFBBS」になります。機種名は施行前に必ず確認させていただいております。写真のようにエアコン本体の下部に記載がございますので、お申し込みの際にはお知らせくださいね

※AN25NFBBS、AN28NFBBS、AN36NFBBS、AN40NFBBS、AN56NFBBSも排気量違いの同じ構造のエアコンとなります。

AN22NFBBSのリモコン

お掃除の際にはリモコンも必要になります。きちんとした動作確認をするために必要になります、こちらもご用意くださいませ。

AN22NFBBSのリモコンアップ

こちらリモコンのアップです。「フィルター掃除」と「内部クリーン」の2つのボタンがあります。「フィルター掃除」はその名の通り、フィルターを自動で掃除してくれる機能になります。「内部クリーン」は送風運転をして、エアコン内部の結露を乾かしてくれる機能で、この2つの機能は混同されやすの注意です。

AN22NFBBSの分解開始

まずは、パーツを分解していきます。

AN22NFBBSの大きな外装パーツを外す

大きなパーツを外しました。通常のエアコンですとこの状態でアルミフィンがむき出しになり、洗浄が可能なのですが、"お掃除機能付きエアコン"はここから「フィルター」を自動で洗浄してくれる機械を外さないといけません。とても便利な機能ですが、その分構造が複雑になります。

AN22NFBBSお掃除ユニットを外しました

「フィルター」を自動で洗浄してくれる機械が外れました。アルミフィンが見えました!

AN22NFBBSエアコン本体にカバーをかけます

エアコン本体にカバーをかけます。このカバーの中で洗浄を行ないますので、周りに洗剤や水が飛び散ることはありません。

AN22NFBBSカビのついたルーバー

一方で、外したパーツは洗浄して行きます。こちらは上下の風向ルーバーです。冷たい風のあたる内側にカビが付いています。

AN22NFBBSお風呂場でパーツを洗浄

水場を借りて洗浄して行きます。

AN22NFBBS水を使えないパーツをお掃除

「お掃除ユニット」のような機械や、水で濡らせないパーツは別にキレイにしていきます。写真は脱臭フィルター、紙で出来ているので濡らせません。掃除機でホコリを吸っています。

洗浄前と洗浄後の様子です。

AN22NFBBS洗浄前アルミフィン

↓↓↓

AN22NFBBS洗浄後アルミフィン

洗浄前、アルミフィンにホコリがついていましたが、洗浄後はスッキリとしました。

AN22NFBBS洗浄前吹き出し口

↓↓↓

AN22NFBBS洗浄後吹き出し口

洗浄前は黒いファンがホコリで白っぽくなっていましたが、洗浄後はすっきり元の黒色に戻りました!

AN22NFBBSキレイにしたパーツ

本体の洗浄が終わりましたら、キレイにしたパーツを元にもどしていきます。

AN22NFBBSパーツを戻して行きます

外していく時よりも、気を遣う作業になります。

AN22NFBBS作業後に出て来た汚水

作業後にでてきた汚水です。高圧洗浄機で18リットルのバケツ1杯以上の水で流して行きますが、ドレインホースを伝って外に排水される分もあるため、バケツに溜まるのはそれ程ではありません。黒くポツポツした粒子が見えますが、これはカビになります。明かりを当てますと底が見えるます、これがもっと汚れてくると底が見えません。

作業は以上となります。作業時間は平均的な2時間半程度でした。長時間お付き合いいただき、ありがとうございました!

お掃除機能付きエアコンクリーニングの料金は17,000円+(税)になります。

当社での洗浄を経験されたお客様からもエアコンクリーニングの口コミ、評判をいただいております。

ダイキンのエアコンクリーニングの詳細はダイキンのお掃除機能付きエアコンクリーニングで詳しくご覧いただけます。

またこれで気持ち良くお使いいただきますね!

ありがとうございました

当店は...
24時間空き状況が確認可能です。
内容、オプションを自由に選択して自動見積5分で予約完了。

他のお掃除作業報告

エアコン・クリーニング

お掃除機能付きエアコン/シャープ

お掃除機能付きエアコン/パナソニック

お掃除機能付きエアコン/ダイキン

お掃除機能付きエアコン/富士通

お掃除機能付きエアコン/日立